FC2ブログ
プロフィール

ATD

Author:ATD
無闇に歳だけ重ねたエロ映像作家です。(笑)

公約が守れないのは相変わらずですが('Д')

掟破りのネタバレ更新が持ち味。(諸刃の剣)

拍手が大好物です。たくさんもらえると調子に乗ってたくさん流出してしまいます(笑)

いつもたくさんの拍手とコメントありがとうございます~
( *´艸`)

インスタグラムはじめました
Instagram

※現在自作品制作に多忙のため企業様からの依頼は受け付けておりません。
※当ブログ、単なる3D作品の制作日誌のため、他社様の広告、アフィリエイト等はご遠慮させていただいておりますのでご了承ください。

最新トラックバック
chris Tbackthumb (´pωq`)

2月です( ´∀` )

とりあえずこれを。



いつもたくさんの拍手に感謝!

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「蝕B3貫通」拝見しました。
いつも素晴らしいCGをアップしていただき、ありがとうございます。

貫通好きなので嬉しいです。
口からガボっと飛び出す勢いと、最後に眼がクルっとひっくり返る描写が良かったです。

残念なのは全体的にテンポが速すぎて、お尻に挿しなおす様子等、細かい描写がよく分からなかった点ですが、きっとpixivのデータ量を抑えるために必要な措置だったのだと思います。

製品化するなら、内臓を触手がウゾウゾ這い上がってくる恐怖を顔の表情に出してくれるともっと嬉しいです。

これからも新作を楽しみに待たせていただきます。

anthenaさんコメントありがとうございます

気に入っていただけて何よりです。表現としては割とヘビーな領域になりますので、反響は微妙なところもありましたが、
私としましては、どういう結末、と言うより、こういうシーンの可能性をお見せできただけで満足でございます。
やろうと思ってもなかなか度胸がいるシーンなんじゃないかなっと個人的には感じます。

・・エロければいいわけですが(笑)

良くも悪くも、観てくださる方に退屈なモノだけは作りたくありませんので・・(笑)

えだまめさんコメントありがとうございます

ご感想ありがとうございます。

今となっては多数の作品をうごイラに投稿してまいりましたが、未だに制約には悩まされております。

おっしゃる通り僅か5秒足らずの中に色々込めるのはもともと無理があります。

構想を練って、イメージを組み立てて3カット必要ならば、3日から5日ぐらいはトライ&エラーをして完成させます・・。

なので公開するときには結構ドキドキします(笑)

・・ですが、些細なことなんですが・・ここまでやったモノにたいして、邪魔な評価点(10点満点)と言うやつにはいつもテンションを下げられます。

未だに1点~5点とかしつこく入れる方がいらっしゃって・・そのたびにあ~あ、もうやめよう・・と思ってしまうわけですが(笑)かなり多国籍の方々のファンの方も増え、新作を待ち望んでいる方から、コメント外のメッセージも頂くのでやめるにやめられず・・。

楽しいから続けられるのですが、嫌な思いまでして続ける必要もないなあ・・とも感じています。

No title

CHRIS 蝕B3貫通の嘔吐き汁もっと粘度のあるローションみたいにネト~ってならないですか?

No title

貫通キター!
貫通好きなのでもっともっとやっちゃってください

No title

お疲れ様です。
昨晩は予定もなかったので暇つぶしがてらアダルトDVDを購入(笑)して帰宅。
そして最新ピクシブ動画のコメントを書いていたら突然電話がかかってきまして「いま家の前まできたから」と。
「は?すでにパジャマ姿なんだけど(汗)」
アポなしの深夜12時すぎの出来事。
よくわからんまま私服に着替えてそのままラブホに直行というめちゃくちゃな状態でございました。
自宅なら無料なのによくわからん出費ですねぇ(汗)

「CHRIS 蝕A3+」
最初の動画から胸に触手責めが増えたりなど様々な面でパワーアップしましたね。
口への触手挿入もかなり良い感じになったと思います。
個人的にはたくさんの触手が口に挿入された後のクリスちゃんの目を見開きながらのカクカクした動きが特によかったです。
おそらく声も出せない状態となり「…おごっ…ぁが‥」みたいな雰囲気だと思いますが、ワンカットの映像としては〝見せるべき基本部分をしっかり押さえた展開演出”となっているのが好印象でした。
エログロなホラー映画的な演出というか、やはり見せ方が巧いですね。
さらにクリスちゃんの表情に照準を合わせるようにカメラの動きががズーム、そして程よい位置で停止されているのも良いですね。
ここから映像を一瞬フェードアウトさせることにより次のカットに自然に流れていくことも可能ですし、凌辱シーンとしてはシーンを完結させることもできますし、次の展開が構成しやすい作り方だと思うんですよ。
素晴らしいと思います。

「CHRIS 蝕B3貫通」
クリスちゃんの拘束体位、クリーチャーの位置など画面全体としての配置バランスが絶妙な映像からスタートしているのが良いですね。
迫力のある見せ方ですし、さらに一瞬でエロを感じさせてくれるのも良い感じです。
お尻や割れ目(?)、足の動きなど、クリスちゃんの全体の状態をワンカット見せていますが、体位を含め、アングルなど個人的にかなりツボな動画です(笑)
ちなみに他の動画より色合い(コントラスト)が強めに見えますが、生々しさも増して個人的にはこれぐらいがちょうど良いと感じました。
さらに触手貫通からの射精という展開は個人的に触手凌辱シーンの理想のひとつなので凄く喜ばしい動画でした(笑)
ピクシブへの投稿が原因なのかもしれませんが短い秒数のワンカットで一気に全て見せていますが、個人的にはスピード感も感じられてこのぐらいがベストだと思います。
ループ動画タイプを好きなユーザーには〝一瞬すぎてもの足りない映像”かもしれませんが、映像作品としては〝ワビサビを感じられる見せ方と流れで完璧に完成されている”と思いますね。
おそらくこれ以上映像が長ければ私としては視聴していてダルさを感じるような気がします。
たった1秒や2秒の違いだけで映像としての印象は全く変わりますが、現在の長さが本当にベストだと思いますね。
ちなみにあくまで個人的に「もうちょっと…」と感じた部分は最後の口から飛び出てくる触手の長さです。
現在の状態から約5cm~15cm飛び出てくる触手の長さを増やすか、射精した状態から〝さらにカメラのズームアウトが続いているのをストップさせる”かのどちらかが好ましく感じました。
射精の瞬間から約0.2~0.4秒前後ズームアウトの時間を短縮させるというか。
理由としては射精した後のカメラアングルが〝本当にわずか”ですが遠景すぎると感じたのです。
ただし本当にわずかです。
クリスちゃんを囲むクリーチャーたちという全体を見せるためのアングルになっていますが、それが原因で射精の瞬間の迫力が少し減少している気がしたんですよ。
あくまで感覚的なものですが、唯一感じた改善点がこの部分ですね。

天の邪鬼さんコメントありがとうございます

只今、修行中でございます・・

さんコメントありがとうございます

貫通は・・クリティカルな(笑)必殺技のようなものなのでいずれその時が来ましたら・・。

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です。

女性は気まぐれですねえ( ´∀` )。そこが男を虜にするのでしょうか・・。(笑)でもドラマチックでいいですね~。

ピクシヴ動画>いつもながら詳細なご感想ありがとうございます。今回はある意味サービス動画でしたが、いつものように手は抜いておりません(笑)せいぜい5秒くらいの間に複数の要素を入れるのは修行でもあるわけですが、やはり、重要なのは最初のイメージをどう構成するかという意志が大事かなと再確認した機会になりました。なんとな~くでいつもはできてしまうのですがその方が楽なのですが・・今回はいろんな意味で骨が折れました( ´∀` )しばらくはまた水面下で黙々と作って行こうかなと。

因みにピクシヴではとうとう1万5千フォローを頂きました。日に200とかフォローしてくださる方が増えておりますが・・フォローって何?と相変わらずモノを知らないのですが、流石にだんだん感覚がマヒしてきてしまって( ´∀` )ありがたいことではありますが・・最近は著名な同人作家様からのフォローも頂いていますが・・どうすればいいか持て余している感じです。
こちらに興味がないのでそのまま放置状態なんですが( ´∀` )

No title

うわ、期待のできるトップバナー画像!
いいですよ!いいですよ!
液体の質感や白濁的な色も良い感じです!
ローションマニア(笑)には期待感が高まります!
画像を見る限りでは丸呑みされた状態の雰囲気がありますが、今後の動画などが楽しみです。

ちなみに今回の白濁風の色も素晴らしいですが、緑系や黒系の色を混ぜたりできればさらに異種姦度が高まり面白い雰囲気になると思いますね。
今後の作品にも使えそうな液体表現の登場は素直に嬉しいです。

ローションマニアとしては実際のプレイのために様々なローション作成に試行錯誤していた時期があります。
ローションに片栗粉を入れて白濁風にしたり、食紅(赤色・黄色・緑色・青色)を入れて色を変えたり、「ゼリーの素」を入れて粘度を増したりなどなど…懐かしい青春です(笑)
脳内妄想(イメージ)しながらひたすらスーパーの店内を〝超真剣”に物色していたのは病気の沙汰でございます。

片栗粉だけを買って帰っていく男!
食紅だけを買って帰っていく男!
ゼリーの素だけを買っていく男!
店員さんは一体何に使うのか知るまい!

「オレは料理をするんじゃない。ローションを料理してやるんだ!(真剣)」

ちなみにその中でも危険だったのは食紅です。
不気味な色のローションで女性の身体が濡れている姿はエロいのですが、肌についた着色料(食紅)がなかなかとれない!
それと片栗粉はローションプレイしていても片栗粉の匂いで吐きそうになってしまうというリスクがございます。
ただしゼリーの素だけはネチャネチャ感が増して個人的にオススメですね。
たぶんローションプレイが好きな人は変態なのでみんなやってますよ。…たぶん。
管理人さんもご利用にはぜひご注意くださいませ。

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です!

またしても赤裸々な性的嗜好のご披露とご感想ありがとうございます(笑)

ローションマニア>まさかそこまでの変態・・ごにょごにょ・・・だったなんて。(笑)見くびっておりました。
パートナーの女性の方・・ご愁傷様です。いつも大変ですね・・。(笑)

いやあ、アツいです。私も、その夜に履かせるためだけに・・パンティやニーソックスを一人で買いに出かけたこともありますが・・その比ではありませんね(笑)

片栗粉だけを買って帰っていく男!
食紅だけを買って帰っていく男!
ゼリーの素だけを買っていく男!・・・・・面白すぎます( ´∀` )

食紅>決して使うことはないので安心してください(笑)

たぶんローションプレイが好きな人は変態なのでみんなやってますよ。>・・やってないと思います(笑)

管理人さんもご利用にはぜひご注意くださいませ>想像すらしたことはありません・・(笑)


今回、新たなる新シミュレーションをトップ画像に持ってきましたが、現段階ではまだ重い・・。

2015年版から搭載されたbifrostといういわゆる波のシミュレータなんですが、粘度設定ができて、プラグインとは違いマヤ上で編集ができ、計算はスタンドアロン。しかもいままでの液体はメタボール(球)だったのに対してポイント(点)でコントロールするため、詳細な表現が大規模に、軽めに計算できるメリットがあります。
以前から液体に関してはいろんな技術を嗜好錯誤してきましたが、粘度の表現と計算負荷のバランスが取れず見送ってまいりましたが・・今回のは少し可能性が見えてきた気がします。
もちろん動画を・・お見せできるかと思いますが・・まだ実戦でどれくらいのコストがかかるか解りませんので確約はできませんが少なくともオールヌードなキャラでしたら可能性は高いです。・・ご期待ください。

可能ならば是非、食紅バージョンで(笑)

No title

拍手が日々の日課になっております!
お疲れ様でございます。
今日もこれからラブホですが素晴らしいエロチック画像を見るとローションプレイがやりたくなってきますねぇ~。
ちなみに最近は連休のラブホツアー以外はローションプレイは控えております。
理由としては「プレイ専用マット」が設置してあるラブホのみにしているからなんですが、昔はプレイ用マットを〝毎回”持参していたんですよ。
作成したローションを詰める容器、作成用の小さい洗面器、作成に必要な小道具なども持参していましたし、専用のコンドームも用意しておりました。
あまり知られていませんが普通のコンドーム(ゴム製)はローションが原因で突然破れるんですよ。
ラブホに設置してある物はゴム製がほとんどなので知らない人は本当にヤバイ。
そのためウレタン製のコンドームをわざわざ用意する必要がありまして、当時はサガミ製しかありませんでした。(現在はオカモトさんからもウレタン製が発売されておりますが…)
ローションプレイの一番大変なことは事前の準備もありますが、後始末なんですね。
プレイの後に再度風呂に入って身体を洗う必要があったり、ローションの始末をしたり、ローションまみれのマットを洗浄したりと「誰か変わりにやってくれよ!」と!(わがまま)
さらにパートナーの女性も大変(笑)なので、最近は年に数回しかプレイしなくなりましたが、今回の画像はローションマニアとしてはかなり萌えますねぇ~。
エロの分野に関しては本当にアツいのですが…というわけで、

【秘密画像】
ブログによく訪れるしかわからない可能性があるプレゼント画像ですが、見た瞬間に「これはいい!」と感じました。
ぜひ製品化を期待いたします。
願うならば「モカ」さんが製品版となった際には「クリス」ちゃんも超短編作品として同梱されたら最高ですね。
なぜならばクリスちゃんが「ひとつの作品」として完成されることになれば少なくとも来年以降になりそうだからです(汗)
できれば超短編作品などでお披露目してくれたらと思います。
予知能力を使う私の予想では、クリスちゃんを作品化することを計画しても、制作中にさらに新しいキャラクター作成にハマったりなどで、

「脱線間違いなし!いや100%間違いなし!(笑)」

勢いがあるうちに超短編作品として作っちゃって欲しいですねぇ。本当に切実な願いです。

今回の画像に関しては触手の太さ、触手の質感、触手の形状、触手の巻きつきの位置(体位含む)など完璧なバランスだと思います。
そして新しいローション(?)表現も素晴らしいですし、クリスちゃんもエロいですし、黒い背景も良いですし、文句のつけようがないですね。
シンプルに最高です。

ちなみにこの画像は別として最近の私の触手表現の理想のひとつに「長い針(槍?)のような触手」も面白いのではないかと感じています。
そもそも触手というものは男性器の妄想的な表現のひとつであると思います。
そのため基本的には「挿入」というパターンがメインとなりますが、「刺す」や「突き刺さる」など串刺し的な表現をするならば長い針のような触手形状というのも面白いと思うんですよ。
実際の人間に長い針を刺すという表現は実写版ではなかなか難しいと思いますが、3DCGでは可能ではないかと。
「痛そう」という感覚を受けるユーザーも当然いると思いますが、サディステイックな面で何らかの興奮を感じるユーザーもいると思います。
ちなみに「ドラキュラ」はブラド・ツェペシュという捕えた捕虜を串刺しにして殺した人がモデルといわれていますし、触手貫通に興奮する人もいれば、本当に串刺しにするような表現にも興奮する人もいるのではなかろうかと…。
過去のGIGA作品では拘束された女性の女性器に長い槍を突き刺して、口まで貫通させるというコアな作品がありますが、個人的には「お!こういうのもアリかも!」と感じましたのでご紹介しておきます。
女性の手や足をぶった斬ったり、内臓を取り出したりするシーンがあるため「ギニーピック」的なやりすぎ作品ではありましたが(笑)

No title

お疲れ様です。

トップ画像の、クリスさんのシロップがけ、なんか美味しそうです
とくにお尻が(笑)

美脚ピーンの拘束画像もエロくてGOODです、

動くローションぬるぬるクリスさん、ちょっと期待してしまいます(笑)
ではまた。

うろつき講師 さんコメントありがとうございます

お疲れ様です。恒例の隠し画像ですが見つかって何よりです。(笑)

こちらは既に暑い日は扇風機が欠かせませんが、PCが増えたことにより、これから熱との戦いになだれ込みます。
今年の夏は・・大変そう( ´∀` )

ローションプレイ>かなり局所的に盛り上がっているテーマですが(笑)探求心、と言いますか、実際に創意工夫がプレイに彩を添えるのは素晴らしいことだと思います。・・変態ではありますが。
実際にやった方でないとわからない試行錯誤や方法など、とても生々しく、リアリティがあります。
是非参考にさせていただきたいかなと。・・多分やりませんが(笑)

・・と言うわけで、飽きもせず、新規画像をこっそりアップしたのですが(笑)
まず・・食紅も試して、イカ墨も、紅芋も、ほうれん草も・・・・試したのですが結局、乳白色が一番ヤラシイと言う結果に(笑)
ただそれだけを動画にするのもつまらないので、質感やデザインも追求した新規のシーンとして組み上げました。
もちろんこのシーンで動くわけですが、中々難儀でございまして・・。

勢いがあるうちに超短編作品>歴史は繰り返す・・ではありませんが(笑)毎回同じことの繰り返し・・申し訳ございません。こういう作者で(笑)
ただ、確実に違ってきているのは、反響の大きさでしょう。モカさんからの品質は私としてもかなり理想に近づいた気がします。
これから作っていくものに対しては、ある意味確信があり、自信もあります。よって、モカさん製作に便乗してクリスさんのボーナス特典は真剣に検討したいと思います。
表明して自分を追い込むのもアリですが(笑)楽しく作っていきたいのでこれ以上は仕事を増やさない方向で、聞かなかったことにしておいてください( ´∀` )
どういう形にせよ、ここ最近の動画はパックにしてオリジナル画質で提供したいと考えております。

「長い針(槍?)のような触手」>流血は避けて通れそうにない感じですね(笑)貫通はある意味において針を刺す行為ですが、
解釈次第では、エロさを感じることもできそうですね。
例えば、今回の無数の触手が皮膚の上からめり込んでいって体内を犯す・・的な。
古典的なホラー映画で、ミミズ異常発生の後人間を皮膚の上から食い破っていくような作品がありましたが、そういうのもアリですね。
因みに、前に話したストレインという海外ドラマでは、寄生虫が皮膚から侵入して皮下で蠢くシーンが多数ありますが、かなりグロイです。一見の価値はあるかと。
ついでに、マイナーなホラー映画ですが、ABCofDEATH"というシリーズがありまして、最近も2を観ましたが、アルファベット順に死の表現を世界中のクリエイターたちが短編映像を作ったものですが、エロアリ、グロアリで観応えがあります。いいのは素人が作っているモノも含まれていて、プロ作品にみられるような暗黙の約束事”がなく、展開が予想できない部分にあります。
クオリティ的にはアレなものもありますが・・私自身の活動もこんなものですので(笑)

さて脱線してしまいましたが、あと数日で・・アレが・・・アレが発売します!予約しています(笑)
キャミイの尻も重要ですが、やはり最初は無心で昇龍拳三昧でしょう。

VX字高速さんコメントありがとうございます

早速のご感想ありがとうございます。

ローションプレイ(笑)は計算もかなり重い部類なのでまずは静止画で誤魔化しましたが・・これが自由に操れればこれからの作品は全く別次元のモノになっていくでしょう・・。結果、ファンの皆様も納得の品質になれば御の字なのですが・・。

・・ご期待ください( ´∀` )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お疲れ様です。
結局ですね、あれからラブホに行ってローションプレイしてきました(笑)
私が愛用しているホテルは約20部屋あるのですが、その中でマットが設置してある部屋は料金割高の特別室で1部屋のみなんですよ。
県外だとローションプレイ専用ホテル(?)があるのですが…。
昨晩は他の部屋がなぜか満室で、特別室のみ空いていたので「まったく、仕方ないなぁ♪」と。
せっせと洗面器一杯にローションを作ったら「こんなに作って馬鹿じゃないの!」と彼女に怒られました。
引き寄せ効果というか、最新画像が原因ですから仕方ない!

皮膚の下を蠢く触手に関しては、たしか数年前に管理人さんに「こんな触手表現はどうですか?」と提案していたのですが、当時は〝何らかの理由”で実現しなかったと思います。
記憶では「グロすぎ」か「やりすぎ」な表現のため、管理人さん的に「そこまでは…」みたいな感じだったかと。
しかし現在であれば「ヒナEX」で腹部を蠢く触手表現も実現していますし、さらなる進化を期待しますね。
古典的ホラーはおそらく「ミミズバーガー」のことだと思いますが、「ストレイン」と「ABCofDEATH」は機会があればチェックしてみます。
「ABCofDEATH」は以前レンタルビデオ屋でパッケージを眺めていた記憶がありますが、その時はレンタルしなかったので(笑)

「長い針(槍?)のような触手」に関しては流血のイメージがあると思いますが、実は流血シーンを望んでいるわけではないんですよ。
なんというか、そうですねぇ…。
単純に「こんなの刺されたらどうなるの?」というドキドキ感と、ヒロインピンチ的な盛り上がりの演出というか。
たとえば管理人さんは触手の挿入シーンで、挿入直前の触手に蛇の頭が狙いを定めるような独自の〝タメ”を作って、勢いよく挿入という演出をしていると思います。私が特に好きな演出ですが(笑)
この演出では「ズブっ!」という挿入になりますが、「ザクっ!(刺さる)」ような演出にするのが「長い針(槍?)のような触手」だと思うんですよ。
女性側(ヒロイン)にしてみれば「そんなの刺されたら死ぬ!やめて!」みたいな恐怖状態だと思いますが、まさにその恐怖状態と緊迫感が視聴者にとっては一瞬の興奮につながるのではないかと思います。
そして刺される瞬間(挿入時)に、緊迫感(緊張)からの絶頂感(解放)があるのではないかと。
ちなみに笑いというのは緊張からの緩和がひとつの要素ですが、エロに関しては興奮からの解放だと思うわけです。
さらに「固いもの(?)に尖ったものを突き刺す瞬間は一瞬の快感」だと思います。
そういう面で「長い針(槍?)のような触手」という表現が面白いのではないかと感じております。

あと数日のアレはおそらくアレ(笑)だと思いますが、私も欲しいので悩み中です。
…というのも3月上旬に彼女の誕生日プレゼントの出費があるので現在は暴走できないんですよ(汗)
PS4の本体購入を我慢してPC版を購入するべきか悩ましいですねぇ。
ちなみに今作は演出面は派手ですが、おそらくゲーム性としてはチマチマした内容になっている気がします。
地上戦(間合いであり距離感)を保ち、お互い相手のミスの瞬間を待ってコンボを叩きこむ内容というか…。
ヘタをすれば各キャラクターはワンパターンの責め(コンボ)をするだけで、プレイヤー独自の個性は反応速度の違いだけで、似たり寄ったりのプレイになりそうかなと(汗)
たとえるならば「鉄拳」の雰囲気に近いかもしれませんね。
とりあえず私も早いうちにプレイしたいですねぇ(泣)

anthenaさんコメントありがとうございます

いつも非公開コメントありがとうございます~。それぞれコミュニケーションの方法はさまざまですのでよろしいかと思います。

バレンタインに向けて>そうなれば良かったのですが(笑)そうはならないのが液体の難しいところ・・。

過去最高の難易度かもしれません。やっぱり液体は難しい。単純にバシャ~とかけるだけなら全く問題はないのですが・・イメージ通りのいやらしい粘着的な絡みとなると・・このツールも力及ばずなのでしょうか・・。

今更ですが・・静止画は楽です(笑)

エロティシズム>私もこんなことをしていてもムツカシイことはよくわからないのです(笑)

だから、自分自身が・・・うお~・・萌える~!・・と感じることを形にしているだけなのです( ´∀` )

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です~。ローションプレイ堪能されたようで羨ましいです( ´∀` )

最新画像が原因ですから仕方ない! >それは申し訳ないことをしました。彼女にも申し訳ない、とお伝えください(笑)

皮膚の下を蠢く触手>最近の作品はCGも優れていて素晴らしいです。こういうのをみると自分でもやりたくなってしまうというか・・。

「長い針(槍?)のような触手」>ハードな作品には確かに似合うかもしれません。触手と言うとどうしても局部を襲うエロイ生物的なイメージがありますが・・昔のアニメに、メガゾーン23と言うのがありましたが続編?外伝?のようなバージョンがあって、未知の触手生物がコクピット内に侵入して味方のクルーたち(女性)を片っ端から串刺しにしていくシーンがありましたが、子供心に興奮したものです(笑)それを目指すのはアリかもしれません(笑)

さあ、多分待たせてしまっている(笑)液体シーン。難航いています。水が・・思い通りに動いてくれなくって(笑)

だがしかし(笑)水が・・思い通りに、もし動かせたら・・神にでもなった気分かもしれません(笑)

そんなわけで、たかが素人エロ同人作家ごときが手を出せる代物ではなかった感が漂ってまいりましたが(笑)

なにぶんしつこい性格なので、も少ししたら出せるかもしれないので(笑)期待せずにお待ちください・・。

ああ、早く仕上げないと・・アレが・・・アレが・・発売日になってしまう(笑)

余談ですが・・バルログではないんですね。海外では。

うろつき講師さん追記です

今回は時間がかかってしまっているので、編集画面のサンプルを(笑)
う~ん、動画ってむずかしい・・・。
http://blog-imgs-89.fc2.com/a/t/d/atd2010/bif01pb.swf

No title

お疲れ様です。
国内版の「バイソン」は「マイク・タイソン」が絶頂期だった頃にタイソンをモデルにしてキャラクターが作られたはずですが、名前とデザインがパクリすぎる(笑)ので海外では「バルログ」になっておりますね。
日本 ベガ → 海外 バイソン
日本 ベルログ → 海外 ベガ
日本 バイソン → バルログ
ちなみに「ストリートファイター(元祖)」には「マイク」というボクサーキャラが登場していますが、「SF2」から登場しているバイソンと同一人物らしいです。
「マイク・バイソン」…うーん、モロにパクリ(汗)
さらに「フェイ・ロン」のキャラクターモデルは「ブルース・リー」ですが、名前は実在した中国の武術家「黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)」、もしくは「ドラゴンへの道」でのブルース・リーの役名「タン・ロン」からきていると思いますし、いろいろとパクリまくりでございますねぇ。

しかし今日は大変困ったことがありまして、「アレ(…もはやバレバレ)」の発売日が目前なので、下見がてら帰宅時にゲームショップに寄ったんですよ。
「勢いでPS4買おうかなぁ…悩ましいなぁ」と考えていたのですが、結局「RAP(リアルアーケードpro.V 隼)」という新型アーケードスティックだけ購入してきました。
本体を買わずにコントローラだけで15000円の散財(汗)
PS3版の「RAP」はすでに持っているのですが、最新型はPS3・PS4・PCの全ての機種で兼用できるのが魅力です。今回PS4版は我慢してPC版を購入かなぁ…。
本当は「アレ」に関してはしばらくプレイを我慢していようと思っていたのですが、管理人さんが話題にだすので仕方なくですよ!

「仕方なくやる気満々です!」

おそらく管理人さんはキャミィ萌えだと思いますが、私は春麗のアレコスであるチャイナドレスの露出度萌えでございます。
「太い脚だなこのアマぁ!」と思いながらもクリティカルアーツの鳳翼扇から見えるパンチラが熱い!

https://www.youtube.com/watch?v=pK--fKrR0dE

【編集画面のサンプル】
貴重なサンプル動画ありがとうございます。
この状態の映像を観れるのはかなりレアかと!
様々な動きや、拘束された体位などを含め本当に素晴らしいと思います。
「ビクン!」と動く見せ方なども最高ですね。
苦労されている液体表現もこれからさらに進歩されると思いますが、かなり良い雰囲気になっていると思いますよ。
ちなみに現在のサンプル画像の液体表現ですが、現状の液体の動きを見た私の感想では「これなら大量射精された瞬間に股間(腹ボテ状態)から飛び散る精液(?)に使ったら面白いのでは?」と感じました。
イメージとしては触手が射精と同時に、キャラクターを腹ボテ状態にさせながら…

(超腹ボテ状態が進行)
  女性器
// 触手 \\ ←液体が飛び散る表現
/  触手  \\
(ブシューっと精液が触手と女性器から溢れでる感じ) 

たとえば現在は胸の付近に液体表現をされていますが、それを股間部にするという感じですね。

詳しくないのであくまで素人発想程度ですが…

「肌となる部分のフェース」に「bifrost」といういわゆる波のシミュレータをかぶせて、フェース部分が動くことにより、フェースに干渉しない液体部分がフェースに沿うような流れとなり、さらに衝突、分散などによって液体が飛び散るような動きになっているのではないかと感じます。
その「bifrost」というシュミレータを〝肌のフェース”ではなく〝あえて触手の部分”にすることにより、触手から溢れ出る液体のようなグロい表現ができるのではないかと思いますね。
シュミレータとしてのデータはかなり重そうですが、キャラクター側と触手側という2つに同時進行が可能であればきっと面白い映像(表現)になると思いますね。

ちなみにサンプル動画の少し緑っぽい液体はエロいですね。
実際の映像では白濁色になっていると思いますが、雰囲気的には好きな色です。
私自身は食紅を利用してローションに色を付けていましたが、「実際どんな風になるのか?」というサンプル映像を紹介しておきます。
経験上、大量ブラックライトローションを利用するローションプレイが異世界的なセックスとなり一番エロいのですが(笑)

http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=tkmvsd283/?i3_ref=search&i3_ord=1
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=52seed010/?i3_ref=search&i3_ord=9
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1dvuma107/?i3_ref=search&i3_ord=13
困ったことに全作DVDを所持していますねぇ。

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です。

レジェンドオブストリートファイターのご解説ありがとうございます。(笑)

私も慣れ親しんできた作品ですが、製作スタッフでもないのでそこまでのレア情報は知りませんでした。

最近では、FFもそうでしたが、ゲームとしての完成度、駆け引き、バランスなど、ゲーマーとして重要な要素に関しては・・・どうでもよくて(笑)、ビジュアルエフェクトを最新映像で確認することが最優先でございます。
なので、今作の見どころは、派手な立体エフェクト!オーバーボリュームな春麗の太もも!オーバー食い込みなキャミーのケツ!
そして、新キャラ達の艶やかなエロス!・・・・と真面目に真摯に映像品質を堪能するためでございます。

ああ楽しみ(笑)

「太い脚だなこのアマぁ!」>解ります!その愛情表現(笑)

【編集画面のサンプル】 >本来お見せするような代物ではありませんが・・2分で出来る動画ですので(笑)見せるのは簡単。

液体にしても動作サンプルでしかないので、実際にレンダリングすると全く違う雰囲気になります。それどころか、新しい物理表現などは表示すらキャンセルされてしまうので(笑)いろいろ大変でございます。

(超腹ボテ状態が進行)
  女性器
// 触手 \\ ←液体が飛び散る表現
/  触手  \\
スゴイ図解入りの解説ありがとうございます。実際には、今進行中のヒナで試しております。ですが、今まで使ってきた標準の液体シミュレータはかなり癖があって、マヤのデータにそのまま乗算されてしまうので限界が低く、長時間存在し続けるとデータそのものがハングアップして落ちてしまうという弱点がありました。
なので今回のbifrostは単独で計算してくれるので、その心配はなく、ノートPCでの作業でも問題なく動きます。そのメリットはデカいです。・・で何が言いたいのかと言えば・・・なんでしょう(笑)慣れ次第ではいろんなことが可能になるということですね。前回の無脊椎触手もそうですが、やはり最新版の恩恵もあるようですね。

次にイメージしているのはもっと静的な、液体の動きや粘度を確認するための動画を考えております。

ローションに色を付けていましたが>たとえば、実物のモンスターの体液などは、粒子もまばらで、色も濁っていてランダムです。ですがシミュレーションですとそういった表情付けが難しく、食紅に染めてもクリアな液体になってしまいます。ソコが弱点でもあります。実際にはもっと濁っていて汚い感じなのでリアルに見える・・と言いますか。
なので下手な色付けは、きれいなゼリーっぽく見えてしまって浮いて見えるのです。そのうちサンプルをお見せしますが(笑)

キャラクター側と触手側という2つに同時進行>面白いアイデアありがとうございます。これも慣れ次第ですが、今は目に見えない球から液体を出しています。それを適所に設置しているのですが、動的なキャラの体にこれを適用すると・・止まっていれば別ですが四方八方に飛び散って大変なことになります。出し方を調整すればある程度抑えられますが、ポリゴン数に依存するため身体から出すととんでもないパーティクルの数になり、計算も止まって落ちてしまいかねない・・。

・・と何事も最初は失敗だらけで成功例しかお見せしていないので実際には試して確認済みなんです・・。

DVD>カリナ嬢もとうとう触手の餌食に(笑)ハーフっぽいお嬢様風なのにアナルまでこなすので知っていましたが(笑)
しかし・・・マニアですねえ( ´∀` )

No title

あれから本当に困ったことにPC版(シーズンパス同梱版)を購入し、3時間ほどのダウンロードがやっと完了いたしました。
PC版はPS4より一日早くプレイできるという利点があるのでございます!

「結局買ってるのか!」

仕方ないんですよ。だって現役ゲーマですもの。
ダウンロードも終えたので「仕方ない!もはやプレイするしかないな!」と思ったら「ロック解除まで約1時間(リリース開始時刻)」らしいです。

「なにぃぃぃ!」

午前6時には出勤準備開始なのが悩ましい(泣)

【クリスbifrost画像】
一撃で〝グッ”とくる素晴らしい出来だと思います。
触手の艶感も良いですし、液体の雰囲気も良いですし、おそらく誰もが「クリスちゃんの表情がエロい!」と感じることでしょう。
本当に魅力的な表情になっております。
特に目を惹くのがクリスちゃんが咥えている部分の触手ですが、脳みそ(?)のようなグロさが良いですね。

液体表現は「進行中のヒナで試している」とのことなので一日も早く視聴できる時を楽しみにしております!
おそらくホワイトデー前には完成しているはず(?)かと。
2015年8月時点の私の予知メモ(謎)になぜか「3月1日~3月7日作品完成」と書いてあるのですが、いまだに謎でございます。

とりあえず私も期待している「アレ」にプレイ参入です!
仕方ないなぁもぅ♪

No title

あれから1時間ほど「アレ」を触りましたがグラフィックはとにかく凄いです!
「おおおぉぉ!」状態で時代の進歩を感じます。
PC版でさらにモニター27インチのおかげでゲームセンターでプレイしている感覚となり本当に感動いたしました。
ただし管理人さんもプレイするとすぐに感じると思いますが超絶的なモッサリ感の動きと、ワンテンポ遅れるような技の入力感覚が‥(汗)
約5年ほどは新作が出ないままバージョンアップされるそうなのでお互い祭りを楽しみましょう!




うろつき講師さんコメントありがとうございます

ご報告ありがとうございます。

でもダメですよ~、この後出勤なんですからゲームなんてしてたら・・。(笑)

そんな1日早くプレイできるからって・・悔しいですけど(笑)

ミカを使って尻を叩いている場合じゃないですよ~(笑)

いやあ楽しそうでいいですね。楽しく生きている人は好感が持てます。楽しいことや幸せなことは感染します。

なんだか私もワクワクしてきました~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お疲れ様です。

ヒナさんでチャレンジしたプレイが現実に!?
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1rct828/

真偽のほどは各自の判断にお任せします(笑)

メーカーさんも色々考えるもんですね~、ではまた。

anthenaさんコメントありがとうございます

隠しコメントありがとうございます~

液体が言うことを聞いてくれなくって(笑)少々ふさぎ込んでいましたが・・。

気分をリフレッシュするために、公園に行って野良猫に餌をあげたり、昇竜拳100本打ち込んで汗を流していたりしました。

お薦め作品の数々ありがとうございます( ´∀` )是非確認させていただきたいと思います。

とりあえず・・今は・・SFVのストーリー全クリしたのに隠しキャラが1人も出てこないのにがっかりしていますが(笑)

やはり私はキャミイだなと、再確認しております。ハイレグの尻は甘美でございます。

そろそろ投稿の準備を・・あ、その前に画像を(笑)

VX字高速さんコメントありがとうございます

お疲れ様です。

参考AVありがとうございます( ´∀` )・・これ本物っぽいけど偽物ですよねえ(笑)妙にリアルですが、特殊メイクの技術が進化してきたのでこういうのもアリだと思います。どんどんチャレンジしてほしいですねえ。
ちょい前にスカルファックなるものがありましたが、アソコに頭を挿入してしまう映像は衝撃的でしたがそういうのもアリだと思いますねえ。
エロにもアイデアは必要でございます。

No title

お疲れ様です。

触手壁拘束ぬるぬるクリスさん、GOODです(^-^)//""ぱちぱち

細い触手がプツッと刺さって吸血(流血は無しで)極悪そうな極太触手が
ゴボッと挿入(産卵)はらボコみたいなシーンを妄想してしまいます(笑)

捕らえられたクリスさんの運命は・・・つづく?(笑)

No title

お疲れ様です。
「アレ」はSF5ということがバレバレですが、ひとつお詫びがありまして私が最初にプレイした時に感じた動きのモッサリ感とワンテンポ遅れる入力感覚はPC版が原因でした。
PCのモニターだとアーケードゲームにしか見えないほどの感動レベルの超絶グラフィックです。
ただしグラフィック設定(アンチエイリアス、テクスチャなど)を変更しないとPC本体のスペックによってゲームの動きそのものが変わってしまうというリスクがありまして、高水準の設定だったのが原因だったようです。
私のPCは最新のゲーミングPCではないし(笑)
さらにもしかしたら可動開始日のためゲームのシステムも少し重かったのかもしれませんが、現在は普通にサクサク動くようになりました。
PS4版はプレイしたことがないのですが、おそらく動きなどに関しては全く問題ないと思いますのでお詫びしておきます。
ちなみにサバイバル、対戦などを含めおそらくすでに1000ラウンドぐらいプレイ(キチガイ?)していますが、3日目ぐらいでやっとSF5らしいプレイスタイル(動かした方)が馴染んできたという状態ですね。
しかし凄くゲームが面白いかといえば……微妙(笑)

それと週末に興味があったアダルトDVDを購入しました。
「キャットラバーズ 倉田まお」という作品ですがキャットスーツ(半透明のゴムのスーツ)を着用したコスプレ作品です。
単純にパッケージ画像に惚れたような気が‥(笑)
コスプレというよりもラテックスフェチ(ゴムフェチ)のための作品ですが、半透明のキャットスーツは見た目的にもエロいですし、ゴムの衣類から発する独特の音(ビニール音?)など不思議なエロさがあった作品でした。
ラテックス系のアダルトは昔から興味がありましたが、個人的には新境地のエロ映像の発見を感じましたね。
ちなみにラテックススーツは黒色やピンク色などが登場するのですがその中で紫色のスーツ(?)のシーンがあります。
デザインとしては「紫色で艶のある光沢ハイレグレオタード」でございますよ!
「管理人さんにはモロにツボだろうなぁ♪」と思ったので機会があればチェックしてみてください。
さらに「キャットスーツのゴム素材などはキャラクターの衣装デザインの参考になるかも」とも感じました。
ゴムの独特のシワ感などは難しそうですが、独特のツヤ感などは単純にエロい要素に成りえるかなと…。
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=dasd320/?i3_ref=search&i3_ord=2

【bifrost2】
あいかわらずの隠しサービスがお茶目でございますが…

「良いですね!」

これは率直に素晴らしいの一言です。
第一印象は「やっぱり管理人さんは変態だなぁ♪」と。
ここまでのシーンを表現するのは脳内イメージが変態だからこそですよ(笑)
いやむしろ変態でないと発想できません!
ちなみに「ミュウの伝説(かなり昔の作品)」という少年漫画がありまして「少年誌なのに最後の方は触手エロ満載」という凄い名作(迷作?)だったのですが、その中で個人的に再現して欲しいシーンがありまして、今回の画像に雰囲気はかなり近いわけです。
ですから「お!ついにキタ!」と喜んでしまいました。
触手を含め、壁(?)、クリスちゃん、クリスちゃんの濡れ感など全て素晴らしいですね~。
おそらくクリスちゃんの肩あたりからbifrostでの液体表現がなるのではと思いますが、ぜひ股付近からも!

今回の画像はぜひ動いている動画で観たいのですが、ヒルのような触手がどのように動くのか楽しみですし、むしろ「ヒルみたいな触手はそれだけでエロい!」と思います。
異種姦系フェチにはたまらない表現なので、映像化を楽しみにしております。
ちなみにちょっとした難題かもしれませんが、今回の画像のヒルみたいな触手を並列に並べて「ムカデ型触手」みたいなのも開発されらたら面白いのではないかと感じました。
最新の大量触手シュミレーションの応用で可能ではないかと。
理想的には巨大なムカデ型クリーチャー(データ的に難題)で、ムカデのような動き(制御が難題)ですが、あいかわらず無茶な注文なのは自覚しております(笑)

それとレンタル店で「ABCofDEATH」を探したのですが店舗が広いため残念ながら今回は見つかりませんでした。
常識的にはホラーコーナーにあるはずですが、新作、準新作と様々な場所に置いてあるのがTUTAYAの問題点…。
かわりに「ストレイン」をレンタルしようと思いましたが、シーズン1~2までだと「これは観るのに時間と覚悟がいるな!」と思い、SF5もプレイしないといけないので来月からにしました。
「ストレイン」はパッケージを読んでいたのですがなかなか面白そうですし、世界観などは個人的にツボっぽいです。

VX字高速さんコメントありがとうございます

ご感想ありがとうございます~

触手壁拘束ぬるぬる>以前からも画像では作ってまいりましたが、今回は・・・動きます(笑)

とうとう・・目指していたステージに踏み出した気がしています・・。

おかげでかなり・・いばらの道を右往左往しましたが(笑)踏ん張った分良いものになればいいなあと思っています。

クリスさんの運命は・・・つづく?>とりあえず苗床温床エンド動画なので公開分は終了かなと。

正式な作品作りで続きを、とイメージしております。

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です!

ひとつお詫びがありまして>プレイした感じでは、問題ありませんでしたので、そうじゃないかなとは感じていました。

問題なのは・・百裂脚連打で端に追い込みゲージがたまったらクリティカルアーツ!時々スピニングバードと言うハメに頼った姑息な戦型が身に付いてしまったことでしょうか・・(笑)チャイナドレスは思いのほかエロイス。

早くアップデートでコンテンツを充実してくれないと・・

おそらくすでに1000ラウンドぐらいプレイ>狂気の沙汰です(笑)

あいかわらずの隠しサービス>見つけていただけましたか(笑)もう読まれていますね。

さあ、bifrostに今回はかなり泣かされました。出すよと告知してから・・相当数やり直しの日々(´;ω;`)ウゥゥ
本番レンダリングを何度捨てたことか・・・・・・・。

結果から申し上げますと、まだ途中段階ではありますが、うろつきさんのアドバイスを取り入れ、アレンジすることで突破口が見え始めたところですね。

このbifrost・・特性として、ざっくりとした大粒な液体ならば、軽いし問題は少ないのです。ですが、うっすらと肌に吸い付くような小量な液体は凄く計算が重い・・。しかも相互関係であっさり水滴がはねて飛んで言ってしまうため、それを追いかけ始めるとあっさり計算が終わり、落ちます(笑)・・・不適切な数値入力でも落ちます。・・・そんな中、アドバイス通り、女体を液体放出のエミッタに設定して、最初のフレームだけパーティクル放出。で、重力やフォースによって自然に落ちるよう設定し、更にそこから同じ女体を干渉物体(コライダ)に設定し、粘着するようにしました。これはオンラインマニュアルにも記述がない暴挙であったわけですが・・・。結果は・・そのうち(笑)

恐らくですが・・このようなシミュレータを使用して液体を絡めるような真似をしているのは、大規模な映画製作会社だけのような気がします。ドリームワークスとかピクサーとか。個人でこれを触っているおバカさんはそうはいないと思います・・。
つまり、今これをツールとして知ってしまえば、数年間は武器となるでしょう。活動開始からの悲願でもあります。
なので・・今回、かなり本気でしつこくやっていたのは今までの中で、もっとも可能性が高い表現だからです。

ムカデのような動き>もちろん既に可能かと思います。ただ、脚ならコントロールしたいのでシミュレーションじゃない方がいい気がしますし、無脊椎触手は最初のシーン固定で制作するので、最初にモデリングしてもポーズを変えただけで離れて言ってしまうのです。

ABCofDEATH>マイナー作品ではありますが、お薦めです。素人が自由な発想で作ったモノばかりなので、意外性もあり楽しめるかと・・。

「ストレイン」>最近の公開している動画はこれの影響が強いですね(笑)白い体液、ヒル状の触手・・この監督は映画よりドラマの方が得意そうですね。映像的レベルは一流映画に匹敵しますし、キャラの設定も良いし。何より、グロイ触手生物のクオリティが凄いです。お薦めです。私はもう全部観ています。

No title

2度目のコメントです。
貫通シーンが大好きなので、うれしいです。

1作目の、体が一体化してしまうのも
個人的にツボなので、
はまっております。
マイペースで頑張って下さいp(><)q

匿名希望さんコメントありがとうございます

2度目のコメントありがとうございます~( ´∀` )

このような癖のある作品をお買い上げいただき感謝いたします。

貫通シーン>エロとしては究極のプレイだと感じていますが、如何に残酷さよりもエロさを引き出せるかのさじ加減が重要ですね。

ヒロインが可哀想・・という意見もあるかと思いますが、そう見せない工夫は必要かと思っています。

これからも応援よろしくお願いします。

No title

そろそろね…進行の報告…ヨロ…

天の邪鬼さんコメントありがとうございます

いつもお待たせしてしまって・・ご迷惑おかけしております(泣)

最期のカンフル剤としてヒナにも最新シミュレーションを導入しました。今はこれでご勘弁を。

http://blog-imgs-89.fc2.com/a/t/d/atd2010/EXEXlastscene-2016bifrost01.png

どうせリリースするならと欲張っております。(笑)・・もうしばらく・・もうしばらくお待ちを・・。(汗)

No title

お疲れ様です。
最近は毎晩スト5の練習です。
全キャラ使えるようになり、様々なキャラを触った結果、結局メインキャラは「ベガ」になっておりますね。
対人対戦はたまにしかしないのですがベガだと10戦して1回負けるかどうかぐらいの状態で、スト5のシステム的にかなり合っているようです。
「キャミィ」も触っていて面白く、ビジュアル的に好きですが対戦だとミスが命取りになる性能なので精神的に一番疲れるキャラでございますねぇ(汗)

【chris x bifrost01UGO】
ついに動画の公開ですが、凄く良い感じだと思います。
またクリスちゃんの動き、触手の動きを含め各部が凄く丁寧に作られていて本当に素晴らしいと思います。
挿入時のクリスちゃんのアクション(反応)など完璧です。
髪の質感も凄く高まっていると感じました。
そして液体表現のbifrostですが、上下同時が凄く良いですね。
特に挿入時の股間部分の液体の飛び散り方ですが、液体が画面に向かってくる状態で迫力がある映像になっていると思います。
そして前回のサンプル動画で「飛び散る精液(?)に使ったら面白いのでは?」と感じたのですが、正に今回の動画が私が最初にイメージした状態に近いです。
効果音がつけばさらに素晴らしくなると思いますが、無音の映像状態で「ブシャッ!」という強烈なインパクトを視聴者に感じさせられますので個人的にはbifrostの有効な使い道だと感じますね。
さらにいいますと3DCGアダルト作品でこのような表現はたぶん初だと思いますので一歩先をいく映像だと思います。
3DCGアダルトの液体表現は現在だとドローッと流れるような状態がほとんどだと思いますので、画面に飛び散るような見せ方は凄く面白いですし、今後発展させていけば映像表現の強力な武器になると感じます。

「ヒナ」のオマケ映像でもbifrostが投入されるようですから、こちらも楽しみにしております。
サンプル画像を見る限り、液体の飛び散り加減を含めかなり期待できる映像に仕上がってくると感じました。
効果音がついた状態を観る時が楽しみです!

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です。

やっと液体探索もひと段落と言う感じで、各パラメータの落としどころと目指しているイメージのすり合わせポイントが見えてきたところです。
今回、うごイラでは200コマの動画を制作して150コマで動画にしていますが、今までの液体シミュレーションですと、100超えたあたりが限界でした。液体量に関わらず、存在し続けるのが負荷になっているようで。
今回のはその時点で優れています。ちゃんとディティールを維持しながら200を超えるシーンで形になる・・。
で、bifrost01では、動”のシミュレーションの一つの到達地点なのですが、重力や加速度は変えておりますがこれが自然な動きとなります。次は、静”の動画を公開しますが、実はこちらが本命。レンダリング時間も品質も過去最高レベルなので、サンプルになにやってんの?と自分であきれてしまうほどです。お楽しみに(笑)

最近は毎晩スト5の練習です。>お疲れ様です。しばらくはこの話題で盛り上がれそうですが(笑)早く次のキャラが出てきてほしいと願っております。今回はアーケードモードがないのでサバイバルにまず打ち込むわけですが、ノーマル難易度から流石に手ごたえを感じまして、2周目からの同キャラ対戦で出し惜しみ感を感じつつも何とかやっています。長いスパンでアップデートを計画しているのかもしれませんが・・その前に飽きてしまっては元も子もない気がしますが・・。
私のようにビジュアル目的な人もいると思うので・・せっかく買ったのだからもっと楽しませてほしいような気がしますね・・。

「ヒナ」のオマケ映像でもbifrost>どうもゴール目前でテンションが上がらないのは、チャレンジ要素が少なかったからのようです。基本データが軽いヒナシリーズならば、液体の試作舞台としては最適です。
折角の今の最新技を入れずに新作として出すのが中途半端な感じがしてしまって・・。
ですが、このノリで完成させたいと思っています!本気です!

うろつき講師さんコメントありがとうございます

補足です(笑)

そういえば、前回コメでご紹介いただいた”キャットラバーズ 倉多まお”はレンタル開始しましたら借りる予定でございます。

倉田まおさんは以前からもお世話になっておりまして(笑)数作前のハイレグ作品がとても素晴らしかったのでこれからも期待しています。

最近もAVは良く借りて鑑賞するのですがなかなか名作には当たらないので寂しい気がしますが・・。

過去作には素晴らしい作品がたくさんございました。今でも家宝級なシリーズと言えば、超個人的なお薦めとして”パーフェクトドール”というシリーズがございます。ハイレグ率が高くて、責めがねちっこく、シミケン率も高い(笑)個人的に満足度が高いのでお薦めです。特に小倉ゆずさんのバージョンはもうお宝レベルです(笑)

ストVに関しては、お気に入りキャラは意外にもRミカです(笑)オレ娘的なスポ根キャラはまあ置いといて、ムチッとした筋肉ハイレグに何とも言えない魅力が・・。極めつけは、クリティカルアーツの失敗率の高さ( ´∀` )・・その分決まった時の爽快感はまた格別です(笑)
ベガは・・実際に使ってみると技の一つ一つが重くてかなり強いキャラだと感じました。笑ってしまったのはストーリーモードで麻薬売買で指名手配されているという小物ぶりが面白かったのですが、それ以上にケンに奥さんも子供もいることに驚き、そのエピソードいるかなあ・・・と一人で突っ込んでおりました。

以上!(笑)

No title

お疲れ様です。
今夜も恒例のラブホなのですが、明日は誕生日プレゼント探しという恐怖の散財日和の予定でございます(汗)
ちなみに管理人さんも誕生日近しですね~。

オススメの「パーフェクトドール」はDMMでチェックしてみましたが個人的に好きっぽい感じです。
「小倉ゆず」さんはルックス的にもタイプなので実際観てみたいと感じました。
凄くテキトーな意見に感じるかもしれませんが、パッケージデザインに独特の雰囲気があり、「パーフェクトドール」というタイトルの響きだけも惹かれます。
実際のところ視聴するまで実際の映像は観れませんので、表面部分だけで興味を感じさせるのは重要なことだと感じておりますね。
私自身は暇つぶしでアダルトショップに足を運ぶことが多いです。
異種姦系作品の場合は、「コレを買う!」と事前に決めて行くわけですが、それ以外は店の中をフラついている時に「パッケージやタイトルに興味を持つかどうかだけ」という状態です。
そこからパッケージに手を伸ばし背表紙の説明を確認して購入するかどうかを判断するだけですから、むしろ一番重要なのは魅力のあるパッケージデザインと、惹かれるタイトルだと思いますね。

「キャットラバーズ」はレンタルで十分(笑)だと思いますが、視覚的に「なるほど!こういうフェチはたしかにエロい」と新たに発見させてもらった作品ですね。
ラテックス系(ラバー系)の作品は海外の作品に多いのですが、外人さんだとモデル的に微妙ですし、顔まで隠す全身タイプのラテックス系が多いわけですよ。
個人的には「フェチを感じるよりもなんとなく汚らしいイメージしかない」というか…。
どちらかといえばハードなボンテージ系のイメージです。
顔まで隠したラテックス系の作品は完全にマニア向けのフェチ作品になるわけですが、キャットラバーズはライトな感じのフェチでよかったです。
そして観る機会があれば管理人さんにチェックしていただきたい点は、「キャットスーツを着た状態で胸を揉まれる時のシワ感(マニアック)」ですね。
不思議なエロさがありますし、ラバーの質感がそもそもエロいわけで、ボディにピチピチ状態コスチュームの異種姦凌辱表現も観てみたいなと思いました。

「最近もAVは良く借りて鑑賞するのですがなかなか名作には当たらないので寂しい気がしますが・・」

これは私も同感ですし、冗談抜きで管理人さんの新作待ち状態です。
極端な話、管理人さんの作品に触れてから他のアダルト作品はヌルすぎて物足りなくなってしまい本当に困っておりますよ(笑)
ちなみに私の最近ハマっているアダルト作品は「管理人さんのサンプル動画(笑)」ですが、ただサンプル動画を観ているわけではありません。
サンプル動画をPCで観ながら、別窓でAV作品などを流しております。
サンプル動画は無音ですが、女優のあえぎ声を流して簡易的なアフレコをしているというわけです。
さらにいいますと、別窓でyoutubeの海外トランスミュージックなどを流しております。

サンプル動画(映像)

AV動画(音声)

youtubeの海外トランス曲(BGM)

これ最強です!
トランス系の曲が映像にかなり合いますので、個人的にはトランス系のBGMをぜひ使用していただきたいと思いますね。
楽曲の版権などの問題や、どこから入手できるのかという問題はありますが(汗)

それと同人作品の場合は声優さんを起用されて音声を組み込みます。
しかしですね、いきつくところ「あえぎ声部分は実際のセックスの時の声が最高」になるわけですよ。
AV女優も演技かもしれませんが、声優さんの演技では絶対にたどりつけない領域というか(汗)
ですから完全に邪道な行為になりますが、既存のAV作品からセックスシーンの声の部分だけ抜いて、制作された映像に組み込むとおそらく最強の作品が完成すると思います。
AVから声だけ抜いても元の作品(AV作品)を調べるのは困難でしょうし、著作権ギリギリの行為になるわけですが…(汗)
個人的に管理人さんの用意している効果音はかなり好きです。
ですから映像部分と効果音に関しては非常に高いレベルの完成度になっているわけです。
そこに女性の本物のあえぎ声を組み込めば……これが私の願う「完全形の3DCGアダルト作品」と思っています。
管理人さんも様々なAV作品を視聴されていると思いますが、視覚的に映像を楽しみながらも、実はあえぎ声(音の部分)も楽しんでいると思うんですよ。
アダルトアニメ作品や、アダルト3DCG作品が実写アダルト作品を越えられない〝ひとつの壁”が、声優の部分(本当のあえぎ声)だと思うんですよね。
これに関しては以前から伝えたかったことですが「禁断の領域」ですから黙っておりました。
それぐらい聴覚を刺激する音の部分というのはアダルト作品においてはかなり重要な要素だと思っております。
ただし過去作品で起用されていた声優さんの演技は本当に素晴らしかったので、決して声優さんに問題があったわけではありません。

「スト5」はバーションアップ待ちですが、私も基本的にはサバイバルモードばかりやっている状態ですね。
とりあえず全キャラの半分はノーマルモードまでクリアーしておりますが、30戦は長すぎて、さらに28~30ラウンドはCPUの反応速度が高く、クリアーは運しだいの部分も強いのが困ったものでございます。
負けたら1試合目から再スタートはやる気が失せてきますし…。
さらにハードモード(50戦)やヘルモード(100戦)は「CPUをハメる方法でもない限り無理ではないか?」と感じております(汗)
「ミカ」さんがお気に入りらしいのですが、様々な格闘ゲームをしてきた私が「こんな勝利ポーズないだろ?」と最強の称号を与えたいのがミカの勝利ポーズです。
「わーい♪わーい♪」と無邪気にハイテンションで走りまわる姿はなぜか微笑ましく、なぜか恐ろしいほどの狂気を感じるのです(笑)

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です。恒例の週末変態ツアーをお楽しみくださいませ。(笑)

パーフェクトドール>勢いでお薦めしましたが、性的嗜好はそれぞれですので軽い気持ちでご覧ください。
自覚しておりますが、私はかなりマイナー傾向がございます故(笑)

一番重要なのは魅力のあるパッケージデザインと、惹かれるタイトル>今の市場の体制ではそうなってしまうのはよくわかります。
そこから受ける印象、イメージ、一点豪華主義のパッケージと・・・それゆえに、そこだけに力を入れて中身は空っぽな商品だらけになってしまっている現状も感じております・・。

AVに関していえば、パッケージをフォトショップで偽造(笑)する手法は度合いにもよりますが騙す意図の悪意を感じるモノもあります。決して非難するわけではありませんが、それならば、実際の撮影風景をベースに、CGを駆使してすべてパッケージのクオリティで映像もすべて編集すべきだと思いますね。今の編集技術ならばできると思いますので。
買う前に唯一決め手となるパッケージだけ美しく別人に・・と言うのは・・売る側の人間性にかかっているかなと思います。
それに加えて、誰でもやっていることだから・・・と言う風潮も私は好きではないので・・。

女性の本物のあえぎ声>冷静に考えて、同人として活動をしているせいで、成人向け声優さんにお願いするという流れになっておりますが、それすら決められたことではありません。素材があれば、それを充てればいいし、ボカロでもいいですし、自分で演技して後で声を加工すればいいし(笑)方法はいくらでもあると思います。
AVの声を拾うのは実際に過去に例がありますが、正直言って使いづらいですね。当然台詞で使える可能性は低いですし、環境音はどうしても残ります。
となると、やっぱり声優さんに・・となってしまいます。ここの部分も結局は創作部分でもありますので、如何に良い素材と優れた加工・・となるのでしょう。

トランス曲>そろそろそのあたりももう少し補充しておきたいと感じておりました。良い情報がありましたらよろしくお願いしますね。好みで言えば・・テクノとかジャズ系も面白いと思いますが、単音ではピアノが好きなんですよねえ・・。学生時代に組んでいたロックバンド(笑)ではキーボードでしたから・・。

ハードモード(50戦)やヘルモード(100戦)>・・・・やる前からギブアップです。(笑)退屈と感じながら同じことを延々と続けるような根気は持ち合せておりません(笑)せめて演出面でもう少し変化があればなあと感じます。
やはり、現時点ではトレーニングモードが一番楽しめるレベルのへたれゲーマーですので(笑)新キャラ導入を待ち望んでいます。そうしないと・・飽きてしまう・・・。
それはそうと、鉄建7も期待しています。ラッキー何とかというキャラは魅力的です。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

anthenaさんコメントありがとうございます

あちらでも熱心なコメントありがとうございます。

しかも、どうやらヘビーなストリートファイターのようですね(笑)私も決して強くはないのですが1ユーザーとして楽しませてもらっています。今回のVも画期的なビジュアルとシステムで話題となりましたが・・世間の評価は微妙な感じですねえ・・。
商売的な部分を考えすぎているのか・・最初から出し惜しみしないでファンを魅了してしまえば良いのに・・とシンプルに感じてしまいますが・・。

ATDさんの求める「液体の表現」>それぞれにご感想をありがとうございます。

散々苦労して(笑)こういう結果になりましたが、液体の形状に関しては問題は少ないと思いますが、動きに関してはまだまだ改善は必要と感じております。肌に付着する粘着力や、物体を貫通してしまう衝突はまだまだ設定が甘いようです。
今後に期待と言うことで。

いままで使用してきた液体エンジンと比較すれば、長尺の動画として成立する時点で奇跡ではありますが、実はPCによる恩恵も大きいようで、今回4コアのノートPCと6コアのデスクトップと並行して検証してきましたが、どちらもi7なのでハイエンドではありますが、4コアでは設定次第では途中で落ちます。6コアでようやく普通に動いてくれるようです。
なので次に買うなら8コアか、規格外のツインCPUか・・・どちらにしてもとんでもない領域に手を出してしまった感が(笑)・・。

「春日野さくら」>ああ、赤いブルマの・・(笑)セーラーでパンチラの時点で破壊力は保証されておりますが(笑)良いですね~それぞれの趣味趣向が(笑)Vでもそのうち出てくるのでしょうか・・・。待ち望んでいるのですが・・。

No title

お疲れ様です。
あれから誕生日プレゼント探しをしたのですが、今回は「えええ!?こんなに安くていいの?」ぐらいで終わりひとまず一安心したところです。
ただし春になれば服や靴などを別にプレゼントするという約束をしたので分割形式というオチですが…(笑)一括よりは良い…やも?

ちなみにビックリしたのはルイヴィトンの広告にFFシリーズの「ライトニング」を起用していたことです。
店舗の外のめちゃくちゃ大きい看板にライトニングがヴィトンの新作バッグを持ってポーズを決めているわけですよ。
高額の外人モデルを起用するよりもコスト削減になると思いますし、美形の3DCGキャラクターは目を惹くインパクトがあります。
それも国内ブランドではなく、大手のルイヴィトンがやっているわけですから凄い時代になったなと感慨深いものがありました。

アダルトのパッケージに関しては、昔アダルトビデオを発注していたこともあるのでパッケージ詐欺が多いのは事実ですね。
女優系は写真と実際の映像の違いが当然というか…。
発注している立場上、自分自身で好みの女優(パッケージ)の作品を視聴していましたが「なんだこのブスは!」と何度騙されたことか(笑)
しかし販売戦略のひとつの方法としてパッケージに力を入れるのはある意味やるべきことかなと思います。
当然中身(映像)が最も大切ですが、アダルト業界に関しては中身よりも数(新作の連投)で勝負している部分があるのは否めないですね。
良い意味で「低コストでありながら企画のみで勝負できる」のでやりたい放題の業界だとは思いますが、視聴して「当たり作品」というのは本当に稀なのが困ったものでございます。

あえぎ声に関しては昔のアダルトアニメ(淫獣学園など)でAV女優を声優に起用したりしていたことがありますがあまり意味がなかった気がします。
実写AVからの音声の取り込みはやはり音が悪いでしょうし、台詞などの問題を含め素材としては微妙だとは思います。
しかし絶頂までの盛り上がり部分は声優の演技を超えた何かが実際のセックスにはある気がしますね(笑)

トランス曲の情報があればお伝えしたいのですが、海外の曲だと版権問題が難しいですね。
これは邦楽にしてもですが、商売に使用不可というラインがあると思いますので(汗)
趣味で音楽を作っている方はたくさんいると思いますので、そういう方たちとの出会いがあればベストだとは思います。
ひとつの案としてはPIXIVで「映像に合う楽曲製作者募集中」とコメントしておくのもアリではないでしょうか。どこに才能が埋もれているかわからないですし(笑)
私自身、過去にホストまがいをしている時にブログのコメントで「魔法使い募集!」と書いたことがありました。
魔法使いとはネット上のプログラマー(笑)のことですが、その時に格闘技のK1のサイトなどを作っていた人が声をかけてくれましたね。
当時「GREE」は超マイナーだったのですが、その創始者の友達だったみたいです。
そのプログラマーさんとはしばらく一緒に活動したのですが、いろいろあって現在は交流していません。
しかし人が集まる場所を自分自身が作れるならば、様々なことが可能になってきます。
そういう意味でも管理人さんが自分自身の力でPIXIVで作られた渦(ユーザーが集まる場所)は決して無駄ではないと思いますよ。
他者を利用する目的ではなく、「面白いことを一緒にしませんか?」ぐらいで楽しめば、まわりの世界も拡がっていくと思います。
ちなみにキーボードをされていたそうですが、音楽って面白いですよね。
私自身若い頃は気づかなかったのですが、たとえば単音を鳴らすとしましょう。
そこにさらに音を鳴らす。
それが曲になっていくわけですが、空間に音を鳴らすと何もない空間の中に一瞬で「音の世界(曲)」が構築されていくわけですよ。
ひとつの世界を音が作ってしまうというのは本当に素敵なことだと思いますね。

【HINA!xBIFROST】
期待している作品ですが、液体の飛び散り感が素晴らしいと思います。
液体の飛び散り表現はヘタをしたらやりすぎ感がでそうですが、ほど良いバランスでまとめられていると思いますね。
個人的にはピストン中の突いた瞬間にカメラが一瞬ブレることにより、「ドン!」という重みと迫力を感じられるのが凄く良かったです。
3DCGは音が無い状態では重みを感じさせるのが凄く難しいと思いますが、無音の映像で重みを感じたので「おおお!」と感動いたしました。
ピストンのスピードも加速していくのが良いですね。

【CHRISxBIFROST02 END】
ひじき触手(命名)の動きが素晴らしいです。
クリスちゃん全身に絡みつくような状態ですが、全体にこんなウネウネとした奇妙な動きを作れるのが不思議ですし、単純に「エロい!」と感じさせてくれるのが素晴らしいですね。
実写の異種姦作品を数多く観ていますが、正直なところ理想的ともいえる雰囲気になっています。(実写だと生物のため良い感じで動いてくれないんですよね…)
一番最後でクリスちゃんがビクっと反り返り、首と口に触手が襲ってくるのも凄く良かったです。
背景となる壁の質感も素晴らしいですね。
ひとつ思ったのは「ああ!一番いいところで終わった!」みたいな無念感です。
おそらくこの後挿入になると思うのですが、やはりそこが見たい!(笑)
液体表現も素晴らしいと思います。
個人的には太股部分と胸のあたりの液体表現が一番エロく感じました。
お腹のあたり(特に下腹部)にもう少しドロドロ感があれば最高でしたが、さらに進歩していくと思いますし、とりあえず素晴らしい完成度に高まってきていると感じました。
両手部分の液体に関してはあえて触れず(笑)
この液体表現は今後かなり使える武器になるのは間違いなしです。
触手凌辱には液体のドロドロ感がエロさを増してくるので良いですねぇ~♪
「ソフィア2」の裏MAXというサンプル動画がありましたが、その頃に願っていた液体表現がついに実現してきた気がします!

うろつき講師さんコメントありがとうございます

お疲れ様です。

誕生日プレゼント探し>分割形式とは・・蛇の生殺し・・イヤイヤ(笑)良かったですねえ。いくら経済効果に貢献と言っても有限ですから・・。

「ライトニング」>ほうう・・面白い情報ありがとうございます。知名度からしてもあり得ない話ではありませんが・・バーチャルモデルを起用したことに興味があります。思い切った・・と言いますか、3Dジャンルがそこまで認められた、とも取れますし、私的には明るい話題であります(笑)
余談ですが、私の中2の息子は「ライトニング」に惚れています(笑)物心ついたあたりから既にゲーマーなんですが、FFの、しかも「ライトニング」さんは神キャラだそうです・・。すでにオタク?

アダルトのパッケージ>時々愚痴りたくなってしまうのをお許しください・・。他にはけ口がありませんので(笑)
色々感じてはおりますが、これはアダルトのパッケージに限ったことではなく、商品すべてにおいてそういうルールの元行われていることですので、これも選択するか否か、それだけのことだと思いますね。それ故に当たりを引いた時の悦びは大きいわけで、
そういう駆け引きを楽しんで生きていくのがベストだと思います。

あえぎ声>正直に申しますと・・完成間近になるとどうしても音声と言うものに時間をかけられない状況に陥ります。
気持ちが焦ることもありますが、イメージ上のスケジュール管理において優先度がどうしても低くなってしまいます。
なので、結局は加工以前に、素材そのものの品質がカギになります。加工においては当然まだ素人ですし、使っているツールもフリーソフトですので(笑)なのでやはり、専用の声優さん任せになりがちなんですが・・これからの課題ですね。作品形式を固定せずに発想を変えればもっと方法はありそうなんですが・・。

映像に合う楽曲製作者募集中>素晴らしいアドバイスありがとうございます~。確かにやってみる価値はありそうですね。

液体表現>こちらもご感想をありがとうございます~。あちらとは打って変わってまともなご意見を(笑)

今回の落としどころをお見せできたのでほっとしております。マシンの限界もチラチラ見ながらのレンダリングは恐怖もはらんでおります(笑)そういう意味でも、こんな危険な真似は素人では踏み込まないだろうな・・ともかんじています。
私が自称素人を振りかざして(笑)徒党を組まず独学で活動しているのはここに大きな理由があります。
大小にかかわらず、どこかの集団、スタジオなどに所属していたなら、きっとこういう暴挙は止められてしまうでしょう・・。
心行くまでこんな非効率的な愚行に時間を費やすのは、個人でないと不可能ですから(笑)

うろつきさんの見立て通り(笑)動きに関してはこれからさらに発展していくはずです。現時点では間引くポイントがまだ見えておりませんので、逆にこの段階でレンダリングが成功しているのは明るい材料です。これからもっと無駄は省かれていくからです。
液体の速度に関しても残存水分を増やすために重力を調整して遅くしています。
検証開始のころに落ちまくっていた飛散現象も環境にキルプレーン(パーティクル消滅壁)を囲むように設置することで解決。
いろいろやった結果、可能性が見えてきたわけで・・。これからが楽しみです。
おかげでヒナの最終シーンのイメージも更新されてテンションも戻ってきましたし。(笑)

「ソフィア2」の裏MAXというサンプル動画がありましたが、その頃に願っていた液体表現がついに実現してきた気がします!
>そうですねえ・・。そのころから望んでいたものが今!涙ぐましいものがありますね(泣)
永い間おつきあい頂き感謝しております・・。( ´∀` )


No title

3月や~3月や~~~

天の邪鬼さんコメントありがとうございます

いつも拍手、コメントをありがとうございます
http://blog-imgs-89.fc2.com/a/t/d/atd2010/prof2016ok.png

さてお遊びはこれくらいにして(笑)本気で行きますか!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

pixiv my page

~for PC~

~ENGLISH VERSION~